Natsuyuki式

  ~ なつゆき式 ~  制作したMikuMikuDance用モデルデータなどをまったりと紹介するブログ

MMDオリキャラ 築乃湧真 ver.1.0 配布

2016.04.22 (Fri)
ようやく配布です。何か長かった……

wakuma01

今回は正月も作っていたので随分永く感じました。
名前は築乃湧真(つきのわくま)です。
深く考えないでください、でもまんま熊娘ですw
モアが幼女でしたので、そういう人?だと思われるのは心外なので対極となるモデルを作りました。

皆「対極ならオッサンかジジイじゃない?」
「あああああああ聞こえないぃぃぃぃぃぃぃ」

獣耳付いてますよ!
ただ思ってたより熊耳って可愛くなかった……
リアルだと可愛くないし、デフォルメだと縫いぐるみみたいになてしまうし、
でももう身長の関係から熊娘と決めていたし……
で、付いてます。でも揺れないなぁ。

今回一番の苦心はロングスカートです。
ボーン数は縦が36本の10段となっております。
剛体はともかく、ジョイント数は……
当初はスカート部分三枚重ねでそれぞれに設定する予定でしたが、
そうなるとスカート部分でボーン、剛体が三倍、ジョイントに至っては五倍くらいになるだろうと試算し、諦めました。
そんなに設定したくねぇーよ!
それでもまぁ、やっぱり大変でした。
結局、およそボーン800、剛体500、ジョイント1000オーバーの重量級となっております。
マシンスペックないとちょっときついかも。


配布の状態になる前にはもう少し裾が柔らかくひらひらして布らしくて気に入っていたものが出来ていたのですが、
とにかく剛体が絡まってしかたありませんでした。
そこで踊らせて苦手だった予告でも使った有頂天ビバーチェを出来るだけ剛体を絡ませないで踊りきれるようにと調整を重ねました。
曲もモーション楽しくて好きですが結構極悪ですw
とにかくくるくる回る、跳ねる、蹴飛ばすのロングスカート泣かせです。
出来るだけひらひら感を犠牲にせずにジョイントで締め上げたり、剛体を調整したり、それを繰り返し踊らせてさらに微調整の繰り返しです。
その結果、100%には程遠いもののそこそこ踊れるようになりました。
もちろん、通しで踊らせると剛体が絡まることもありますが、繰り返し踊らせれば成功もします。
この段階で目標の8割くらいは完成したかな?
(動画制作時よりも自己評価がもう下がってるw
しかしここから先は気が遠くなるような作業でしょう。
もう、湾岸ミッドナイトの世界ですよw地獄のチューナー語っちゃうよw

或いはまったく別のアプローチで攻めなくては詰められないのかもしれません。
まだ試したいこともありましたが、とりあえず手詰まりでした。
作業日で三日、手を付けられなくなったので切り上げ、この状態で配布することにしました。
ジョイントの並びとかは整理できませんでした。読み込む順番が影響するのか、綺麗に並べると挙動が僅かですが異なる気がしました(気のせいかも?
本当に僅かな違いでも破綻したりするのでそこから調整はもう面倒臭いですw
正直、今の段階でもモーション流し込みで結構破綻しますし、足も突き抜けます。
絡まりの防止を強化することも可能ですが、布らしい動きが失われます。
パラメータをヒラヒラに振っていますので今の実力ではこれ以上、追い込めませんでした。

実は湧真さんスカートまわり、モーションの流し込みで楽しています。
でもそれについては前の記事のコメでうさなさんに持って行かれ、ヘソが曲がってしまったので書きませんよ!
技術的革新でもあったのならともかく、今さらこんな簡単なトリックの種明かしなんて超絶恥ずかしくて出来ません!

ゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔ

でもピンとこない方もいるかと思います。
仕方ないから別の記事にして書いてあげる。
べ、別に貴方のために書いてあげるんじゃないからね!(オッサン


肩まわりもそれなりに苦労しました。フリルの処理が難しかったです。
足し算で処理したために肩まわりは剛体だらけです。
しかし抜くと挙動が変化して面倒なのでそのままです。気にしないでください。
尚、髪のフリルの貫通に関しては――そんなもの存在しない。


今回、胸がいつもよりも大きかったので踊らせているとまったく微動だにしないのが気になりボーンを仕込んでみました。
普段紳士動画は殆ど見ないのですが今回は興味深く観察させていただきましたw
いや、正直なところ3Dモデルを見てもエロく感じないのですよ。
普段から見慣れているせいでしょうか、モデルの出来ばかり気になります。露出高いから誤魔化し効かないので大変だよね。
それにしても衝撃的でしたね。胸ゆらすためにどれだけ執念燃やしてるの紳士諸君!
ビックリするくらい良く揺れるよ。揺れすぎて参考にならなかったよw
しかたないので適当にそれらしくボーン組んでみました。
肩と一緒に動くようにしてありますが、それ以外は特に目に付くところはありません。
基本的に紳士動画のような揺れ方はしません。不自然さを解消できていればそれでいいです。
あの境地には追いつける気がまったくしませんでした。


それからマスケット銃ですね。
右手の仕込みと別モデルと二つ用意してあります。
どちらも同じものですが、別モデルは銃身方向がz軸ですが内臓モデルはx軸ですし、コックやトリガーなどは軸が曲がってます。
内蔵してから気付いたのでそのままですwたいして影響ないよね、ね?
また各部がボーンで可動します。弾も一発ですが詰め込んであります。

デザインの基本はシャルルヴィルです。それを少し装飾しています。
BLのロベルタが使ったラブレス家のあのマスケット銃がモチーフですが細部がよく分からないので適当。
尚、構造もよく知らないので適当なもよう。

別モデルのマスケット銃はお好きにご利用ください。
改造、再配布可です。ただし、付属のreadmeも一緒に再配布し、
制作者の名前の記載をお願いします。


モーフもいつものうちの標準くらいは入っています。
今回は顔パーツに最初からボーンを仕込みました。
舌ボーンはモーフと併用で使い難いと思いますがそういう仕様なので諦めてくださいw

本気目モーフで目が鋭くなりますが、それ専用に本気閉じ目モーフを合わせて作ってあります。
予告で使ったくま面も残してあります。モーフ名はぱちモンです。
エプロン、カチューシャはモーフで消えますが、素のスカートですと材質の突き抜けなどアラが出やすいです。
鼻提灯、仕込んでます。こんなところですか……

以下、いつもの呪文――


以下の文章の最後にある「同意する」を押しますとuploader.jpさんへ跳びます。
利用規約を良くお読みになった上、合意できる方のみダウンロードをお願いします。
またダウンロードした時点で規約に合意したものとみなします。









◇利用規約◇


利用規約を全て確認、同意した上で本MMDモデルデータをご利用下さい。
利用規約を読めない・利用規約に同意されない場合は、本モデルの使用は一切禁止です。



このモデルは私(なつゆき)のMMD用オリジナルモデルです。
著作権は私(なつゆき)が所有します。


本モデルデータの再配布は禁止です。


本モデルデータを交換(トレード)する行為は禁止です。


本モデルデータの販売は禁止です。


本モデルデータは、基本的には非営利目的の場合に限り利用可能です。

 ※補足:本モデルデータを営利目的に利用することは禁止ですが、
  キャラクターグッズの販売などを除いた同人活動に本モデルデータではなく、
  キャラクターを二次利用することに制限は設けません。
  ただし、余りに目に余る場合は販売や利用禁止を出すこともありえます。


本モデルデータを利用された事によって生じるいかなる損害に対しても当方は一切責任を負いません。自己責任・ご判断でご利用下さい。


本モデルデータは、作者・その他関係者様にご迷惑のかかる使用方法は禁止です。


本モデルデータの改造は自由ですが、改造されたモデルデータの再配布は禁止です。

 ※補足:改造する場合は、無許可で他のモデラーさんのパーツを移植するなどの行為はおやめください。



本モデルデータを分解する事は禁止です。また、本モデルから他モデルデータを作成する行為は禁止です。
(例:本モデルの髪の毛を別のモデルに付ける、首のすげ替え等は禁止です。)


本モデルを過度に卑猥、グロテスク、性的、暴力的な作品に使用する事は禁止です。
(ニコニコ動画の紳士、乗馬マシン、腰振り、アヘ顔などの卑猥な想像を喚起するものも含みます)
(MMDドラマなどの作中での必要表現はこれに含みません)


本モデルデータをダウンロードする際に必要なパスワードを公開する行為は禁止です。

本モデルデータを3Dプリントする行為は禁止です。

本モデルデータを使用する際、モデル制作者の名前を記載して下さい。


本モデルデータを制作者以外が配布している場を見かけた場合、
当方のブログ(http://natsuyukishiki.blog.fc2.com/)コメント欄に報告してください。


本モデルデータの規約を違反した作品を見かけた場合、
当方のブログ(http://natsuyukishiki.blog.fc2.com/)コメント欄に報告してください。


利用規約は予告なく追記・修正する場合があります、最新の規約に沿った利用をお願いします。


※規約がブログで更新されることもあります、
 その場合は付属のものよりも最新のものが優先されます。


以上の事に同意できる方のみダウンロードしてください。

同意する

Pass:wakuwakuwakuma


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック