Natsuyuki式

  ~ なつゆき式 ~  制作したMikuMikuDance用モデルデータなどをまったりと紹介するブログ

捗りません……

2014.05.03 (Sat)
いまだメタセコから抜け出せず……

e01


相も変わらず、月刊ブログです(汗

新たなモデルを作り始めて早二ヶ月。
いまだメタセコでモデルを作っております。
早くボーンとアンカーを入れてPMXエディターでの作業に移りたいのですがなかなか納得できずにぐずぐずしております。
そういえばモーフも作ってないよー、あう゛
まだまだ先は長そうです。
前回のブログで作業手順を載せてみようかと書いたので
現実逃避に丁度良いので記事にしてみます。

「そんな調子だからモデルが完成しないんだよ!」

等の突っ込みは無しでお願いします。


とりあえず初歩の初歩から。
既にモデルを作り始めている人にはあまり参考になりません。
スキルアップをしたい方はもっと上手い方のサイトなどを参考にしてください。

さて全くの素人がモデル作りに着手しようとすると何から手を付けて良いのかわからないと思います。
自分もよく分からずに苦労しました。その経験を元に説明したいと思います。



--------------------------------------------------------------------


これからMMDモデルを作りたい人用ファーストステップ Tips1



そもそも自分はボカロ曲を聴き、動画鑑賞とダウンロードした好きなモデルに流し込みをして楽しんでるだけでPMDエディタを使ったこともない受け手でした。
その状態からいきなりモデル作製に着手したために制作手順に不明なことだらけで何処から手を付けたら良いのか分からず、ずいぶんと悩みました。
そこでググル先生にお尋ねしました。
結果、簡単に云えば3D制作ソフトでモデルを作製してPMXエディタでMMDで使えるように調整すれば良いとの事でした。
そんなの調べるまでもない?
分かり切ってる?
でも本当にそうですか?

果たしてどのソフトでMMD用モデルを何処まで作れるのか?
制作手順は?
手順重複してるけど何処まで作ればいいのよ? 
使用するソフトを切り替えるタイミングは何時? 
どのタイミングで何をするの?

等々、漠然と全体の流れを把握しつつも、そのようなもう少し踏み込んだ制作プロセスの流れに対する疑問に一括して回答を得る事はできませんでした。
仕方がないのでこつこつ作りながらいろいろなサイトを参考にして作業を進めました。
そこでこれからモデルを作りたい人の為にその辺りに重点を置いて作業の流れを追っていきたいと思います。
また、自分はモデルをメタセコイアで作製しているのでそれに沿った流れとなります。他のソフトを活用している方とは異なると思いますが似た部分もあると思うのでよろしければ参考にしてください。


1.PMXファイルを作ることを目標とする。

基本中の基本ですね。

MMDのモデルはPMXかPMDのファイルでなければ動かないのですからこのファイル形式で完成するしかありません。
PMDファイルでも良いのですが、現在、新しくモデルを作るのにこちらにこだわる理由は自分には思いつきません。
PMXの方がSDEFなど扱えて利点が多く、その分制作の手間が省略できて良いのではないでしょうか。



2.モデルを作る。

1に至るためにはまずはモデルを作らなくては話しになりません。

ここを読む人は自分と同じように素人でしょうし、本当に自分が3Dモデルを作れるかどうかも怪しいと思っていることでしょう。自分もそうでしたw

だからとりあえず無駄な投資はしたくない。

何万も何十万もするソフトを購入して投げ出したら後悔してもしきれませんからね。
もっともそれをしたくなくて最後までがんばって作るのだ!
という自虐嗜好の方は、買える限りの高価なソフトを購入することをお勧めします。
多分ですが高級なソフトほど多機能であり作製過程に於ける制作者への負担は軽減されることと思います。まあ使ったことないので知りませんが。

さて、そこで無料もしくは安価な3Dソフトを選ぶことになります。
まず有名な無料ソフトで『ブレンダー』が上がるでしょう。
これはモデル作製から動画作製まで出来るとんでもない多機能ソフトです。
がんばればかなりの映像作品まで作れるすぐれものです。
こんな素晴らしいものが無料で配布されているなんて信じられません!
これ一本あればMMDモデルなんて楽勝です。いや、それどころかMMDを超えるクオリティの動画作れちゃいます。

「じゃあ、何でお前はつかってないのよ?」

そんな声が突き刺さります、アタタ……ですよ。
いや、自分もダウンロードして触ってみたました。でも、

 ????????????????????

でしたwww
モデル作製の基本も知らない、動画も弄ったことない者には余りにハードルが高すぎました。
自分が何がわからないか理解できない状態です。
インターフェイスを観ても何を触ればいいのかさっぱりです。
ググル先生に尋ねると『ブレンダー』の基本を教えてくれるサイトは多数あれど、バージョンによっても差があり、それが参考になるのかならないのかもよく分からない状態です。しかも元は英語のソフトでそれを日本語に直して使っているので説明も英語と日本語が入り乱れてどれがどのことかよく分かりません。
ある程度このようなソフトに慣れ親しんだ人には容易いのかもしれませんが、『3Dって美味しいの?』レベルのどさんぴん、もとい、ど素人には難解すぎます。
それを克服する自信がある、もしくは英語の解説も問題なく読めるぜ、という方はがんばってください。
会得できればかなり使えるのではないでしょうか。
少なくともブレンダーでボーンを組んで作ったモデルを動かすことまでは間違いなく出来ると思うので挑戦してください。
そこからMMDに出力する行程は自分にはわかりかねますので他のサイトを参考にお願いします。


今回はここまで。

と、まあこんな感じで初歩の初歩を気が向いたときに書いてみようと思います。
次回はブレンダーに挫折した根性無し、
ブレンダーが合わずにメタセコを選択したところからになります。


いや、それより新作モデルを早く配布しろよ。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック