Natsuyuki式

  ~ なつゆき式 ~  制作したMikuMikuDance用モデルデータなどをまったりと紹介するブログ

ちょっと一息

2014.02.08 (Sat)
動画の御視聴、モデルのダウンロードありがとうございます。
wink



今日は歌に刺激されて毘沙門天大祭のだるま市(歌詞にある鈴川)に出かけようかと思っておりましたが雪に閉じ込められて身動きが取れなくなりました。
思わぬ時間が空いてしまいました。
配布も終わって久方ぶりにのんびりです。

ver.福、いかがですか?
ミクさんには振り袖、着物、浴衣、白無垢と既にいろいろな和装はありますが袴って無いよね?
と、単純な理由からこの衣装となりました。いや、知らないだけであるのかな?
何しろミクさん多すぎて網羅しきれません。
そんなわけで挑戦した次第ですが、思ったよりも手こずりました。
お陰で更に愛着を持ってしまいました。
親バカ加減が倍増ですwww

ニコ動にアップした動画がいつもに輪を掛けて画質が悪いです。

せっかく可愛いのに――多分に贔屓目

背景が動くのが悪影響だし、柄付きの袖や袴を振り回してるのもビットレートを消費している気がします。
つべは綺麗ですがやっぱりコメントがないのは寂しいです。
まあ、訳あってコメ禁にしてありますし。

コメントの中に袴の襞についてありました。
もちろん作ってあるのですが、あらためて見直すと柄に埋もれて確かにわかりにくいですね。
構造を理解しているので脳内補完して観ているようで気が付きませんでした。
折り畳まれた裏側には影があるのですが、見えるところにも影を描いた方がわかりやすかったかな。
これはメモメモ。

眉毛が高くて表情がわかりにくい?
眉の位置は難しいです。
表情によって変わりますし、これでもモーフで少し下げてあります。
目を閉じると目が大きいため眉との間が広くなるのは避けられませんw
笑い顔だと眉の位置は高いですし。
それに世の中にはかつて土器手ラムという……いや、何でもありません。

今回はあまりモーションを弄りませんでした。
元がグミさん用のモーションなので特に癖のあるうちの娘には表情が向かなかったかもしれません。
うちのミクさんは基本的に口許が微笑みぎみなので混ざってしまいます。
ただ良くできたモーションやモーフを弄るのは忍びないです。
自分の腕では完成品を壊しているような気持ちになります。
モデルに合うように必要最低限の修正だけで済ませたいのが本音です。
さらに今回は予定を繰り上げて立春に無理矢理配布を合わせたために手抜き気味です。
(本当はもっと遅れる予定でした。杯本選をゆっくり鑑賞したくて急いだことは秘密です)
それでも最低限のこととしてもうちょっとモーフに気を使って表情を豊かにしてやりたかったです。せっかくいろいろとモーフもありますし。
でもまあ、楽しそうに踊っているから好しとしますか。

普段、MMDでセッティングをしていますが、今日たまたま時間があったのでMMMを久しぶりに使ってみました。
その結果に愕然としています。
確かMMMはMMDよりも新しいバージョンの物理演算を積んでおり、より正確に動くと記憶しておりました。
そしてMMDよりも演算が正確なので貫通など起こしにくい、と。
よって、MMDでまともならばMMMでも問題ないだろうと考えておりました。
しかし今日の結果はまったく違っておりました。
まず、袴を見る限りMMMの方がジョイントの伸びの幅が広いように感じます。
そして決定的なのがだるまさんがころんだを踊っても簡単にひざが袴を突き抜けるということです。
これは予想外でした。MMD対応で作っておりますがMMMも大丈夫であろうと高をくくっていました。
MMMの使用率とはどのくらいなのでしょう。高いようならばこれからは考慮して作らなければなりません。
そもそも何が原因でこうなるのか調べなければなりません。
裾の動きなどを見ると剛体が重すぎるのではと疑われます。しかしそれを変えるとMMDで動作に支障をきたすかもしれません。
悩ましいです。それに今は袴を弄る気力がありませんw
MMMメインの方、申し訳ないです。

名前ですが普通に『なつゆき式 福ミク』でよかったかな、と少し後悔しています。
ver.とかわかりにくいかも。
当初はおめでたく『寿』にしようかとも思いましたが、寿ではまるで結婚みたいで気に食わない、
否、娘を嫁に出さない主義に反する、と考えて取りやめました。
よろしかったらこちらの衣装の時は簡単に『福ミク』とでも呼んでください。


さて、このモデルを作って何となく出し切った感があります。
まあ、もともと引き出しは空っぽだったのですが。
一年と数ヶ月前に設定した当初の目標としてスタンダードと別衣装を作るというものがあり、
とりあえずそれを果たすことは出来ました(完成度は別ですが)
しかし今のスキルでは今以上に急激にうちのミクさんを可愛くすることは難しいかと思っています。
腕がありません、更なるスキルアップが必要です。
よくよく考えてみれば怖ろしいことに生まれてからこれまでたった一人の3Dモデルしか作ったことがありません。
(動画で使ったダルマとステージ除く)
驚くべき事実!
未熟で当然です。
そこでスキルアップしモデルの完成度を上げるためにミクさんとは別のモデルを作製することに挑戦したいと思います。
技術を研鑽しミクさんにフィードバックする――
悪く云えば踏み台ですが、それでも自分の手で産み出すモデルです、持てる最大の愛情と技術を注ぎ込んで作るつもりです。

作りたいものはたくさんあります。
しかし次はオリジナルでもボカロでもありません。
何を作るか?
それは

ひ・み・つ

です。


ああ、それから動画のタグの兼、娘共々謹んでお断り申し上げますwww


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック