Natsuyuki式

  ~ なつゆき式 ~  制作したMikuMikuDance用モデルデータなどをまったりと紹介するブログ

指定期間 の記事一覧

なつゆき式 巳真兎季子ver.1.23配布告知動画をニコニコにアップしました

2015.10.30 (Fri)





まず最初にhimazin様、御免なさい!
せっかくの素晴らしいメカを最後のアイキャッチで改変してちらっと映しただけで済ませてしまいました。
本当に勿体ない使い方です。
とある静画で絡繰兜虫像を知って配布者であるhimazin様の作品を知りました。
丁度アイキャッチで悩んだいたときで渡りに舟と流用してしまいました。
これを読んでいる皆さんで、まだ知らない方は確認してみてください。
ただし、ファイル重いですw


続きを読む »
関連記事

なつゆき式 巳真兎季子ver.1.23 配布

2015.10.30 (Fri)
久方ぶりに、ようやくキィをバージョンアップできました。
key123


一年前に配布をし始めたモデルですが、自分の中では既に構造的には古いものとなっており、早く手を入れてあげたいなと思っていました。それがようやく叶いました。

発表後、まず気になったのは顔の影の出方でした。
キィは横顔も似せるために結構彫りが深く、
造形をするにあたり目を閉じたときに瞼に影が落ちないように気を使って制作しました。
にもかかわらず、どうしてもMMDでは影が発生しました。
これは一体どういうことだ?
と疑問に思い調べた結果、MMDではモーフで頂点の位置が変わっても影は元の位置での影響下に置かれ、例え下向きの面をモーフで上向きにしても面には下向きの時の影が発生するという事だったのです。
わかりにくいですねw
つまり、造形上の面と影が発生する面の向きは別だということです(もっと分かり難い
3D上でも通常は現実同様、面の向きに合わせて影は発生しますが、影の向きを現す法線と呼ばれるものの向きを変えることで影の向きを制御できるということです。
3Dをやってこられた方には当たり前のことなのかもしれませんが、素人の私には目から鱗が落ちる思いでした。
3Dはバーチャル空間であり、現実に即した表現をしているだけで縛られているわけではないのです。
造形の形状とは別に影を付けることが出来るのです。まあ、現実的には限度がありますが。
法線の向きの変え方はここでは説明しません。興味のある方は調べてみてください。
そのおかげで顔の造形をするときの影による制約から解放されましたし、この一年の間に配布されたモデル全ての顔に法線の修正を加えております。その契機となったのがキィのモデルであり、今回ようやくそのキィに手を加えることが出来て嬉しく思っております。

腕の構造については前回の記事で軽く触れております、そちらも参考に。
構造的には原点は不勉強でよく知りませんが、にがもん式アリス・マーガトロイドの肘に使われているものと同等と思われます。
もう数年前から利用されていたんですね。先達、恐るべしです。
以前にこちらのモデルは参考にしようと何度もエディタで見てはいたんですが、その頃は知識も乏しく肘の構造がどうなっているのか、どうしてこうしているのかさっぱり理解できていませんでした。
この間まで忘れ去っていましたが、手首の構造を試行錯誤してIKを組んだときに既視感を覚えて思い出した次第です。
きっと深層意識に残っていたのでしょうね。
腕が剥き出しのモデルの場合、継ぎ目がなくてどうしても捩れに弱くなってしまいます。
前回配布のモアは短いので尚更でしたw
正直それでも上手く作れていれば、人の可動範囲内であれば大きな破綻はおきないと思われます。
しかし実際は上手く作れないし、可動範囲以上に動かしていることが多いです。何とか破綻を緩和できればとキィの手首と肘にこのIKを組み込んでみました。しかしまだまだ不自然さがあり、要研究ですね。

スカートは随分と柔らかくなっているかと思います。正直、ふわふわしすぎたかな?とも思っております。
キィの温和しい感じと似合わないかとも思いますがメタモルフォーゼ後を考えるとこれもありかな、と。
それによく動くので以前は貫通していた動きで今回は上手く動いてくれていたりもします。本当にその辺りのバランスが難しいですね。全てを補えるようになれればいいのですが、道のりは遠いですorz

モーフの一部を変更しました。ほんの気持、顎も細くなっています(多分わからない。確信
材質も全面的に見直しました。基準値を変更しています。標準的なものに近づけたと思うのであえて材質調整モーフは搭載しません。髪にハイライトがほしくなったので書き足しました。
また、動画制作中に直したくなって修正を加えています。動画と少し異なります(それでいいのか?

モアに続いて床剛体補助ボーンを搭載しました。このボーンを使えばばしゃがんだりしたときに裾が床にめり込むことを回避できるかと思います。
モアの時にも書きましたがスカート捲りようではありません!(やるなよ、ぜったいにやるなよw
他にもスカートの内側に足に連動する補助剛体ボーンを仕込んであります。これもMMD上で動かせるようにしていますのでスカートの食い込みなどで困ったときには思い出してみてください(役立つとはいってない

その他にも色々と変更してあります。
そういえばセンターを下げたときに膝が上がらないように姿勢を修正したのですが、その際に少々無理に身体を反らせたために胸が小さくなってしまいました。
実はキィはうちのモデルでは設定上は一番年上なので親心で少しだけ盛っていたのですがw
それが今回、萎んでしまいました。非常に残念ではありますが、本来の姿に戻ったとも云えます。まあ、胸の大小でキィの良さが変わるわけではありませんから気にしないでください。

いや、むしろキィ好きには好都合なのか?


モデルのダウンロードはこの下です。

以下の文章の最後にある「同意する」を押しますとuploader.jpさんへ跳びます。
利用規約を良くお読みになった上、合意できる方のみダウンロードをお願いします。
またダウンロードした時点で規約に合意したものとみなします。

続きを読む »
関連記事

やはり間に合わぬぬぬぬ

2015.10.15 (Thu)
キィの配布1周年に合わせてバージョンアップするつもりでしたが間に合いませんでした。
何かこんなことばかり書いている……

key1.2_0


前回配布のモアが思っていたよりも使っていただけて嬉しい限りです。
もっともこれは自分とモアの実力というよりもメルフィさんの人気に便乗しているだけでしょう。
人気が出るのは嬉しいけれど、あんまり目を惹くのもちょっと怖いです。マイペースでのんびりとやっていきたいので。でも使って貰えるのがわかるとそれはそれで嬉しいです。
何をいっているのでしょう。

それにしてもこれまでのモデルも明らかにほしい人、使う人を限定するものばかりでしたが、
モアも結構、人を選びそうなのに。もしかしてMMDerって……

いえ、何でもありません。


続きを読む »
関連記事
 | HOME |